富士通、英子会社に1000億円 年金積み立て不足、運用改善狙う

2012/11/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 富士通は英国子会社の企業年金に1000億円規模で資金を拠出する。同子会社は多額の積み立て不足を抱えており、運用の元手になる資産を増やして運用改善を狙う。資金拠出額が今期決算で損失になるわけではないが、自由に使える手元資金の減少を招く。海外企業の買収を通じたグローバル戦略が広がるなか、海外の年金への対応が課題として浮上してきた。

 富士通は2013年3月期中に、英国子会社、富士通サービスの年金に資金…

関連キーワード

富士通

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円)
8/05 11:18
20,629.24 +108.88 +0.53%
NYダウ(ドル)
8/04 16:30
17,550.69 -47.51 -0.27%
ドル(円)
8/05 10:58
124.41-44 +0.56円安 +0.45%
ユーロ(円)
8/05 10:58
135.10-14 -0.79円高 -0.58%
長期金利(%)
8/05 10:05
0.400 +0.015
NY原油(ドル)
8/04 終値
45.74 +0.57 +1.26%

日本経済新聞の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報