任天堂、新興国に廉価版 「M&A、選択肢に」 岩田社長に聞く

2014/1/31付
情報元
日本経済新聞 朝刊
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 任天堂の岩田聡社長は30日、日本経済新聞の取材に応じ、業績悪化の背景には過去の成功体験があるとの認識を示した。立て直しに向けて新興国で廉価版ゲームを発売するほか、M&A(合併・買収)を進める考えも明らかにした。主なやり取りは以下の通り。

 ――2014年3月期の業績見通しを修正し営業赤字に陥る。不振の原因をどう見る。

 「花札からテレビゲームまで任天堂は変化を続けてきた。『Wii』など新たなゲームも…

関連キーワード

岩田聡、山内溥、任天堂、Wii、スマホ、ゲーム

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円)
7/03 大引
20,539.79 +17.29 +0.08%
NYダウ(ドル)
7/02 17:20
17,730.11 -27.80 -0.16%
ドル(円)
7/03 20:57
122.91-94 -0.57円高 -0.46%
ユーロ(円)
7/03 20:57
136.40-42 -0.15円高 -0.11%
長期金利(%)
7/03 15:37
0.480 -0.030
NY原油(ドル)
7/02 終値
56.93 -0.03 -0.05%

日本経済新聞の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報